Dokkyo University

  1. HOME
  2. 学部学科・大学院
  3. 学部学科|法学部国際関係法学科

学部学科|法学部国際関係法学科

学科の特色

国際社会に発生する複雑な諸問題を考える
基礎力を身に付けます。

近年における国際ビジネスの増加、企業の海外進出あるいは外国企業の国内参入は、国際取引や外国人の雇用など新たな課題を発生させており、企業実務はもとより国家公務員・地方公務員にも国際的な感覚は不可欠となっています。また国際社会における平和の維持や国際交流・協力を担う国内外の公的機関・民間の場で活躍できる人材が求められています。さらには国際結婚や国際裁判など、生活の身近な問題も今後多く発生することが予想されます。国際関係法学科では、このような国際化時代の要請に応え、法律学や政治学の専門知識及び語学力を身に付け、複雑な諸問題を的確に分析し、国内外を問わず国際的な法的感覚(リーガルマインド)を持って活躍できる人材の育成を目指しています。


理念・目的

外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた国際的な法学、および、政治学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成することを目的とする。


入学者受け入れ方針

(教育目的)

「外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた国際的な法学、および、政治学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)

外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた国際的な法学、および、政治学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人となるための資質を有する人物を求める。

(出願要件)

高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の高い学力を求める。

(入学者選抜方法)

外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。


教育課程の編成・実施方針

(カリキュラム)

外国語の能力、ならびに、歴史、文化、および、社会に関する深い教養に基礎付けられた国際的な法学、および、政治学の知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成するためのカリキュラムを編成する。

(外国語教育)

第一外国語を英語(外国人学生は日本語)と定め、外国語を「読む」「書く」「話す」「聞く」という運用能力を総合的に養成し、専門的なレベルに向上させるカリキュラムを全学的に編成し、実施する。また、第二外国語についても同様にカリキュラムを編成、実施する。

(教養教育)

主として人文科学、社会科学、自然科学の各分野に関する科目を配置したカリキュラムを全学的に編成し、実施する。

(専門教育)

歴史、文化、および社会に関する深い教養に基礎付けられた国際的な法学、および政治学に関する体系的な専門的知識、技能を習得できるカリキュラムを独自に編成し、実施する。


学位授与方針

(学位授与要件、学位の種類)

修業年限を満たし、所定の単位を修得し、卒業時点で以下の能力を身に付けた者に「学士(法学)」の学位を授与する。

(学位の裏付けとなる「能力」)

  • 外国語の能力を身に付けている。
  • 歴史、文化、および社会に関する深い教養に基礎付けられた国際的な法学、および政治学の知識を身に付けている。
  • 国際的視野に立つ教養人としての素養を身に付けている。

入学定員

75名、3年次編入学5名


収容定員数

310名


在籍学生数(2017年5月1日現在)

399名


所属専任教員数(2017年5月1日現在)

12名


授与する学位

学士(法学)


取得可能な資格免許

  • 中学校教員免許(社会)
  • 高等学校教員免許(地理歴史、公民)
  • 司書
  • 司書教諭

学部学科・大学院

学部学科
大学院・法科大学院
教員紹介
シラバス
このページのトップへ