Dokkyo University

  1. HOME
  2. 学部学科・大学院
  3. 学部学科|外国語学部ドイツ語学科

学部学科|外国語学部ドイツ語学科

学科の特色

全国最大規模。EUを中心としたドイツ語圏の文化や歴史、
社会を分析し、より実践的なドイツ語の習得を行っていきます。

ドイツはEUの政治経済の中心です。ドイツ語を母語とする人々はヨーロッパ全体で最大となる1億人にも及び、さらにEUが東方に拡大されつつある今日、その重要性や可能性は飛躍的に高まりつつあります。ドイツ語学科では、ドイツ語の会話能力はもちろん、専門的な文献を読解したり、討論できる総合的な語学力を身につけることを目指しています。クオリティの高い授業を支えているのは日本屈指の充実度を誇る教授陣。ネイティブスピーカーの教員をはじめ日本人教員による講義科目やゼミナール科目を通じてドイツを中心としたドイツ語圏諸国とEUに関する情報を収集し、それらをもとに今日の世界を取り巻く問題を的確に分析・把握する能力を育てます。


理念・目的

ドイツ語の運用能力を養成し、ドイツ語圏の歴史・文化・社会を理解するための専門知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成することを目的とする。


入学者受け入れ方針

(教育目的)

「ドイツ語の運用能力を有し、ドイツ圏の歴史・文化・社会を理解するための専門知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成すること」を教育目的とする。

(求める人物像)

実用的なドイツ語運用能力を得たうえで、ドイツ語圏の文化・歴史・社会について深く研究しようとする高い動機を持った人物を求める。

(出願要件)

高等学校卒業程度の資格と学力を要する。科目別では外国語、国語、地理歴史・公民、数学、理科の学力を求める。

(入学者選抜方法)

外国語教育重視の観点から、外国語科目を重視した入試を行う。また、多彩な学生の受け入れを図るべく、一般入試をはじめとする様々な入試制度を設ける。


教育課程の編成・実施方針

(カリキュラム)

ドイツ語の運用能力を有し、その言語を用いる地域の歴史・文化・社会を理解するための専門知識を習得した、国際的視野に立つ教養人を育成するためのカリキュラムを編成する。

(外国語教育)

第一外国語をドイツ語と定め、ドイツ語を「読む」「書く」「話す」「聞く」という運用能力を独自に養成し、専門的なレベルに到達させるカリキュラムを独自に編成し、実施する。また、第二外国語を英語(外国人学生は日本語)と定め、同様のカリキュラム全学的に編成し、実施する。

(教養教育)

主として人文科学、社会科学、自然科学の各分野に関する科目を配置したカリキュラムを全学的に編成し、実施する。

(専門教育)

ドイツ語圏の歴史・文化・社会に関する体系的な専門知識・技能を習得できるカリキュラムを独自に編成し、実施する。


学位授与方針

(学位授与要件、学位の種類)

修業年限を満たし、所定の単位を修得し、卒業時点で以下の能力を身に付けた者に「学士(外国文化)」の学位を授与する。

(学位の裏付けとなる「能力」)

  • ドイツ語の運用能力を身に付けている。
  • ドイツ語圏の歴史・文化・社会に関する体系的な専門知識を身に付けている。
  • 国際的視野に立つ教養人としての素養を身に付けている。

入学定員

120名


収容定員数

480名


在籍学生数(2017年5月1日現在)

623名


所属専任教員数(2017年5月1日現在)

24名


授与する学位

学士(外国文化)


取得可能な資格免許

  • 中学校・高等学校教員免許(ドイツ語)
  • 司書
  • 司書教諭

学部学科・大学院

学部学科
大学院・法科大学院
教員紹介
シラバス
このページのトップへ