• HOME >
  • ニュース 2018年

経済学部木原ゼミがラオス・タイの開発援助視察調査を実施

経済学部木原ゼミがラオス・タイの開発援助視察調査を実施

 経済学部木原隆司ゼミは毎年、東南アジアの開発援助機関や現場を視察する調査(開発援助視察調査)を実施しています。
 今年は木原教授とゼミ3年生21名が、9月2日(日)から8日(土)まで、ラオス(ビエンチャン)・タイ(バンコク)を訪問し、JICA、日本大使館等の援助機関・プロジェクトとともに、世界銀行、アジア開発銀行等の国際機関、さらにはタイ政府の技術支援機関であるTICA(タイ国際協力機構)を訪問、プロジェクト視察・質疑応答を実施しました。
 9月4日(火)に世界銀行ラオス事務所を訪問したことが、世界銀行東京事務所のfacebookページに掲載されました。詳細は、以下の[関連リンク]よりご覧いただけます。
獨協大学メインメニュー