• HOME >
  • ニュース 2018年

【外国語教育研究所】 第8回公開講演会を開催しました

【外国語教育研究所】 第8回公開講演会を開催しました

 外国語教育研究所では、去る7月27日(金)に「連携」と「複言語」という二つの研究テーマのもと、東京大学大学院教育学研究科教授斎藤兆史先生をお招きして、「英語文学を読むことで英語教育が見えてくる」というテーマで第8回公開講演会を都内市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷を会場として開催しました。
 開催日当時は、猛暑が少し緩んだとはいえ、まだまだ暑い中、約90名もの参加者がありました。
岡田圭子外国語教育研究所所長の開会挨拶に続いて、斎藤先生の講演が始まり、様々な文学テキストを用いたり、「ローマの休日」や斎藤先生がご担当になったNHKの番組のDVDなども示されながら、テキスト間相互連関性や「言葉のやり取りにおいて、表面的な情報が伝達されるばかりでなく、その裏で歴史や文化が渦巻いていることを理解することが大事」ということをユーモア溢れる語り口でお話し下さいました。また日本の英語教育の問題点や今後新しく導入される大学入試、小学校で導入されることになった英語授業に関しても舌鋒鋭く様々な観点からのご意見を述べられました。
 講演に引き続き、質疑応答が行われ、多くの質問希望者の中から限られた時間の中でなされた質問に対して、斎藤先生は一つ一つ丁寧に解答してくださり、有意義で実り多い講演会となりました。
(文責: 金井 満)

獨協大学メインメニュー