• HOME >
  • ニュース 2018年

国際教養学部言語文化学科特任教員の公募について

国際教養学部言語文化学科特任教員の公募について

【 職 位 】
特任教員(教授または准教授または講師)(任期あり、3年間)

【募集人数】
1名

【研究分野】
スペイン語教育

【職務内容】
週5コマ以上のスペイン語科目の授業。スペイン語科目に加えて、スペイン語による講義科目や市民向けのスペイン語の授業を合わせて担当していただくことがあります。

【着任予定日】
2019年4月1日

【待遇】
・給与 本学の給与規程による
・通勤費 本学規定により実費支給(上限あり)
・任期 原則として3年


【応募資格】
次のすべての要件を満たす方。
・スペイン語を母語とする方。またスペイン語による講義科目を担当した際に、その要約を日本語でも説明する能力を有する方。
・博士の学位を有する方、またはそれと同等の業績を有する方。
・スペイン語学あるいはスペイン語教育を研究する方。
・日本の大学におけるスペイン語教育の経験を有する方(非常勤講師としての経験を含む)。
・学部の教育理念、教育方針に理解のある方。

【応募手続き】
<提出書類>
1. カバーレター(e-mailアドレス、電話番号を記載)
2. 履歴書
*写真貼付
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/ からダウンロードできます。
3. 研究業績書 
*本学指定の様式にご記入ください。http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/ からダウンロードできます。
4.主要業績3点(論文の抜き刷り・コピー可。著書の場合は、原本1部で可。)

<提出期限>
2018年8月1日(水)必着

<宛先>
〒340-0042 草加市学園町1-1 獨協大学国際教養学部 学部長室
*封筒に「スペイン語特任教員応募書類」と朱書してください。応募書類は原則として返却いたしませんが、返却をご希望の方は、切手を貼った返信用封筒を同封してください。

【選考方法】
1) 第1次審査:書類選考
2) 第2次審査:面接 [2018年9月下旬〜10月を予定]。
*なお、面接に際しての旅費・滞在費は応募者の負担とします。また、審査の過程で追加書類の提出を求めることがあります。

【選考結果の通知】
選考手続き終了次第、ご本人に通知します。なお、応募者のプライバシーは厳守し、提出された書類は選考以外の目的には使用しません。

【問い合せ先】
国際教養学部言語文化学科  浦部浩之
e-mail : urabe●dokkyo.ac.jp (● を @ に置き換えてください。)
獨協大学メインメニュー