• HOME >
  • ニュース 2017年

「ドイツ文化とルター――その今日性をめぐって――」
第29回獨協インターナショナル・フォーラム開催

「ドイツ文化とルター――その今日性をめぐって――」
第29回獨協インターナショナル・フォーラム開催

 11月11日、天野貞祐記念館大講堂にて第29回獨協インターナショナル・フォーラムが開催され、約400名が来場しました。
 今年は、マルティン・ルターが宗教改革の発端となる「95ヵ条の提題」を掲げて500年の節目の年です。これを記念し、ドイツおよび国内から芸術・文化研究の一線で活躍する専門家を招き、「言語」「美術」「音楽」の各分野におけるドイツ文化とルターの関係について、議論が展開されました。
 また、スペシャルイベントとして、<鈴木雅明とバッハ・コレギウム・ジャパン>による演奏会「ルターと音楽」も行われ、会場は大きな拍手に包まれました。
 来場者からは「タイムリーなテーマですが、宗教・歴史ではなく文化的な側面から掘り下げたのは大変興味深く、勉強になりました」「演奏会も、テーマに沿った貴重なもので、命が洗われたような感じがしました」などの感想が聞かれました。
獨協大学メインメニュー