• HOME >
  • ニュース 2017年

獨協大学の留学生が草加宿場祭り「せんべいモザイクアート作り」に参加しました

獨協大学の留学生が草加宿場祭り「せんべいモザイクアート作り」に参加しました

10月1日(日)、市内では「草加宿場まつり」が開催されました。

その中の1イベント「草加せんべい モザイクアート作り」には、本学の交換留学生7名が参加。約6時間かけて5200枚もの色とりどりのお煎餅を使い、みごと草加市のマスコット「パリポリ君」のモザイクアートを完成させました。

また、2020年の東京オリンピック開催に向け、東京に隣接する草加市と、草加せんべいの魅力を世界に発信したい、という市のリクエストに応え、留学生たちは各種のSNSを利用して、イベントの様子や作品を海外に発信しました。

モザイクアートに使ったお煎餅は記念撮影後、会場を訪れたお客に配られ、そこでも留学生達は市民の皆さんと触れ合い、秋晴れの1日を楽しみました。

    

獨協大学メインメニュー