• HOME >
  • ニュース 2017年

マサリク大学との学術交流協定を締結しました

マサリク大学との学術交流協定を締結しました

獨協大学はこの度、チェコ共和国マサリク大学(Masaryk University)との学術交流協定を締結しました。

マサリク大学は、首都プラハに次ぐ第2の都市ブルノに位置する国立総合大学です。1919年創立で、教養、教育、経済・経営、社会学部を含む9学部を擁し、学生数約45,000名(このうち外国人学生は約4,500名)を有します。チェコ国内の総合大学では、プラハのカレル大学に次いで評価の高い大学です。

チェコの公用語はチェコ語ですが、マサリク大学は、留学生向けの英語で行われる学部科目が充実しているため、英語圏派遣交換留学の募集対象校となります。

交換留学の派遣・受入れは2018年度秋学期より開始します。交換留学応募条件の詳細については、10月4日(水)15時〜16時半の英語圏交換留学募集説明会(場所:東棟E-416教室)にてお知らせいたします。

お問い合わせは国際交流センターまで。
獨協大学メインメニュー