• HOME >
  • ニュース 2016年

餅つきに初挑戦
「OH! MOCHI―お餅つき&日本の遊び―」を開催しました

餅つきに初挑戦
「OH! MOCHI―お餅つき&日本の遊び―」を開催しました

 12月7日(水)、国際交流センターはイベント「OH! MOCHI―お餅つき&日本の遊び―」を開催しました。

 今年は、外国人学生・留学生18名を含む学生70名が参加。前半は芝生広場で順番に餅つきと日本の遊びに挑戦しました。日本の遊びとして「だるまさんが転んだ」「ハンカチ落とし」を行い、中庭はお餅つきの掛け声と参加者たちの笑い声に包まれました。
 つきあがったお餅のトッピングには、定番の納豆、きなこ、あんこ、しょう油、大根おろしのほか、チャレンジメニューとしてカレー、明太子ソース、ミートソース、チーズ、キムチの変り種も。留学生の一番人気はあんこでした。
 その後、室内に移動し、チーム対抗で人間知恵の輪、障害物競争、椅子取りゲームを行いました。イベントの企画運営に携わった学生スタッフのアイディアで、折り紙の手裏剣を使ってチーム分けを行うなど、細部にまで“日本らしさ”へのこだわりが感じられ、参加学生からは「留学生と話す機会がなかったが、これを機に仲良くなりたい」「今までの国際交流イベントで一番楽しかった」といった声が多く聞かれました。
 学生スタッフ・リーダーの中村栞さん(英語学科2年)は「今年の成功や反省点を活かして、来年度はさらにパワーアップさせたいです」と意気込みを語りました。

 国際交流センターでは、3月下旬に国際交流イベントの企画・運営や外国人留学生等のサポートをしてくれる学生スタッフを募集します。
 皆さんの応募をお待ちしております。

    

獨協大学メインメニュー