• HOME >
  • ニュース 2019年

北海道と就職協定を締結しました

北海道と就職協定を締結しました

 このほど、獨協大学は「北海道と獨協大学との学生UIJターン就職支援に関する協定」を締結しました。この協定は、北海道内の企業による合同企業説明会を開催するなど、学生の就職活動を支援することにより、道内での就職の促進を図ることを目的としています。
 4月18日、北海道東京事務所の近藤晃司所長が獨協大学を訪れ、平井岳哉キャリアセンター所長と協定書を取り交わしました。近藤所長は「北海道は、これまでも個別相談会への参加や道内企業との交流会の開催など、U・Iターン就職に向けた取り組みを支援してきた。このたびの協定締結を機に、国際的な視野や語学力を身につけた学生が、北海道を舞台に地域と世界とをつなぐ存在として飛躍できるよう、精一杯応援したい」とコメントしました。平井所長は「北海道の学生には愛郷心がある。協定締結をきっかけとして、人的ネットワークの整備や情報交換を活発にしていきたい」と述べ、北海道との関係強化に意欲を示しました。
 本学学生のうち、北海道出身者は163名(2018年5月1日現在)。北海道と連携することで、同県内の就職支援イベント、企業情報等の提供を広げ、北海道出身学生を中心としたU・I・Jターン就職を強化します。本学が就職に関する協定を結ぶのは、栃木県、長野県、福島県、新潟県、宮城県に続き6件目です。

(写真左)平井岳哉キャリアセンター所長
(写真右)近藤晃司北海道東京事務所所長

[関連リンク]

獨協大学メインメニュー