• HOME >
  • ニュース 2015年

グローバルイベント第5弾
「異文化へ飛び込もう!〜世界にいる感覚とは〜」を開催しました

グローバルイベント第5弾
「異文化へ飛び込もう!〜世界にいる感覚とは〜」を開催しました

 12月8日16時45分から、天野貞祐記念館ICZ4階において今年度最後のグローバルイベント「異文化へ飛び込もう!〜世界にいる感覚とは〜」を開催し、約30名の学生や教職員が参加しました。
講師は、2011年経営学科の卒業生で一般社団法人国際化推進協会創業者の大村貴康さんが務めました。
 大村さんは、学生時代、スポンサーを得て世界一周しながら、世界中の同世代の若者と夢を語る「88プロジェクト」を実施したという自らの経験から「世界に行くではなく世界にいる」と実感したエピソードを紹介。さらに、自身が参画している文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」について説明し、このプロジェクトに参加し、ものの見方が変わり、将来の自分へとつながる「mind shift」をぜひ経験してほしいと語りました。
 また、同プロジェクト1期生で本学英語学科4年生の大嶋由希子さんも会場に駆けつけ、自身の留学体験を語ってくれました。
 参加した学生からは、刺激を受けた、もっと聞きたかったといった声があがりました。
異文化に誘うグローバルイベントは次年度も続く予定です。

    

獨協大学メインメニュー