• HOME >
  • ニュース 2016年

硬式野球部 秋季リーグ戦結果報告

硬式野球部 秋季リーグ戦結果報告

硬式野球部が、首都大学野球連盟秋季2部リーグ戦の全日程を終え、2位となりました。
特に6勝2敗の3位で挑んだ2次リーグでは、3戦全勝するなど、最後まであきらめずに食らいつく姿勢をチーム全体でみせてくれました。
また、ベストナイン(外野手)に、池浦稔揮さん(法3)が選出されました。
池浦さんは新チームの新主将にも任命されています。
今後の硬式野球部の活躍が期待されます。

<ベストナイン(外野手) 池浦稔揮さんのコメント>
今回のリーグ戦ではベストナインを取らせていただくことができました。
この結果は自分1人だけの力で得たものではなく、日頃から支えてもらっている方々のおかげで得られたと思っているので、監督、コーチ、チームメイトならびに両親には感謝しています。
ベストナインを取れたことは個人的には嬉しいことですが、やはりチームとしては二部残留という結果で終わってしまったので、素直に喜べないというのが正直な気持ちです。
チームとして、何が足りなかったのか、何を鍛えていけばいいのか、冬に考えてしっかりと強化し、来季は絶対に一部に昇格できるように頑張ります。

<硬式野球部 秋季リーグ戦結果>
2部2位

■1次リーグ 6勝2敗
 ●0−4 武蔵大学
 ○1−0 明治学院大学
 ○13−4 玉川大学
 ○1−0 東京経済大学
 ○26−2 成城大学
 ○4−0 大東文化大学
 ○6−4 足利工業大学
 ●1−4 明星大学

■2次リーグ 3勝0敗
 ○6−3 明星大学
 ○2−1 玉川大学
 ○8−5 武蔵大学※
 ※タイブレーク適用

学友会総務部長室事務課
048-946-2057

    

獨協大学メインメニュー