Dokkyo LAW SCHOOL

ページ内を移動するためのリンクです。
ファンクションメニュー
TextSize:

法科大学院認証評価

本法科大学院は、2012年度下期に財団法人日弁連法務研究財団の認証評価を受け、審査の結果、同財団の定める法科大学院評価基準に「適合」していると認定を受けました。

認証評価の結果,獨協大学大学院法務研究科は,公益財団法人日弁連法務研 究財団が定める法科大学院評価基準に適合していると認定する。

自己点検・評価報告書

認証評価結果

獨協大学法科大学院は、2012年度下期に公益財団法人日弁連法務研究財団の認証評価を受け、2013年3月27日付で、同財団の定める法科大学院評価基準に「適合」しているとの認定を受けました。
「運営と自己改革」の分野で、法曹像の周知が、非常に良好であるとされ、特徴の追求もおおむね適切になされているとされたことは、これまで、本法科大学院が、地域密着型法曹養成という理念にとどまらず、「地域と子どもリーガルサービスセンター」を通じて、地域の法的ニーズに実践的に応えてきた成果が評価されたものであると考えております。
また、「入学者選抜」の分野において、その実施の適正さが評価されるとともに、多様性がよく確保されていることについて、高く評価されています。多様な学問領域を追求し、多様な経験を積んだ法学未修者、社会人の確保は、多様なリーガルニーズに応えるための法律家の養成の基礎になるものとして、今後も堅持していきたいと考えています。
さらに、「学習環境及び人的支援体制」の分野では、分野全体としても非常に良好であるとの評価を受けています。施設・設備の他、とりわけ、学習支援体制が非常に充実しており、教育・学習支援体制も充実しているとの評価は、学生一人ひとりにあわせた支援を多様に展開してきたことが評価されたものと考えております。
他方で、課題も指摘されています。「カリキュラム」の分野で指摘された科目構成上の問題点については、評価報告を待たず、すでに対応済みであり、「成績評価・修了認定」の分野において指摘された異議申立手続についても、現地調査時にすでに試行されており、正式に実施する準備がなされています。また、募集定員の確保といった多くの法科大学院が抱えている問題、さらに、自己改革に取り組んでいる姿勢については評価されながら、具体的な成果として不十分との指摘については真摯に受け止めたいと考えております。
また、理論と実務の架橋の理念について高く評価され、授業内外の取り組みについても質的・量的に充実しているとされつつ、法律基本科目において、理論と実務の架橋が後退している側面があるとの指摘を受けている点については、「豊かな臨床法教育」を掲げる本法科大学院として、リーガルクリニック等の臨床法科目を堅持しつつ、法曹教育における両者の架橋につきさらに工夫をしていきたいと考えております。

獨協大学大学院法務研究科長 野村 武司

本法科大学院は、2008年度に財団法人日弁連法務研究財団の認証評価を受け、審査の結果、同財団の定める法科大学院評価基準に「適合」していると認定を受けました。
なお、本法科大学院に対し、2009(平成21)年度までに、評価基準第3分野(教育体制)について、再度評価を受けることが求められましたが、本法科大学院としては、評価結果を真摯に受け止めて、2009(平成21)年度に再評価を受け、第3分野(教育体制)についても「適合」していると認定を受けました。

認証評価の結果、獨協大学大学院法務研究科は、財団法人日弁連法務研究財団が定める法科大学院評価基準に適合していると認定する。 なお、同研究科に対し、2009(平成21)年度までに、評価基準第3分野(教育体制)について、再度当財団の評価を受けることを求める。

自己点検・評価報告書

認証評価結果

再評価の結果、獨協大学大学院法務研究科は、財団法人日弁連法務研究財団が定める第3分野の法科大学院評価基準に適合していると判断する。

自己点検・評価報告書

認証評価結果(第3分野)

このページのトップへ