第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回
第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回
第21回 第22回 第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回  

2017年 第29回獨協インターナショナル・フォーラム

ロゴ

<宗教改革500周年記念>ドイツ文化とルター
 ―その今日性をめぐって―

日程 2017年11月11日(土)
会場 獨協大学天野貞祐記念館大講堂
主催 獨協大学国際交流センター、外国語学部ドイツ語学科
後援 ドイツ連邦共和国大使館 ゲーテ・インスティトゥート(東京ドイツ文化センター) ドイツ学術交流会、草加市
協賛 SIMUL株式会社 サイマル・インターナショナルコカ・コーライーストジャパン株式会社 コカ・コーライーストジャパン株式会社FVイーストジャパン株式会社FVイーストジャパン株式会社
使用言語 日本語、ドイツ語、(同時通訳)
概要

 マルティーン・ルター(1483-1546)という文化現象は、ドイツの精神・文化史上、ひとつの比類なき「出来事」であり、きわめて重要なメルクマールである。今からちょうど500年前の1517年、彼が開始した宗教改革は、ドイツのみならずヨーロッパ文化全般を大きく変容させ、その影響は今日にまで及んでいる。
 2017年度に開催する本フォーラムでは、ルター宗教改革500周年という機会を利用して、ドイツ語圏諸国および国内から、芸術・文化研究の一線で活躍する専門家を招き、とりわけ「言語」「美術」「音楽」分野におけるドイツ文化とルターの関係について、今日的な視点から探ってみたい。

■日程および参加者

11月11日(土)

10:50-11:00 開会式  犬井 正(獨協大学学長)
11:00-12:00

「個・関係性・人格性――ルターの問題と我々」
松浦 純(東京大学名誉教授)

12:00-13:00 休憩
13:00-13:45

「読書力、教育および学校へのルターの影響について」
ガービー・ヘルヒェルト(デュースブルク=エッセン大学教授)

14:00-14:45

「ルターとメディア革命」
青山 愛香(獨協大学教授)

15:00-15:45 「宗教改革と美術」
アンヌ=マリー・ボネ(ボン大学教授)
16:00-16:45 「ルターと音楽」
木村 佐千子(獨協大学教授)
17:30-19:00

〈鈴木雅明とバッハ・コレギウム・ジャパン〉演奏会

「ルターと音楽」

19:00-19:10 閉会式

■スペシャルイベント

11月11日(土)17:30〜19:00
<鈴木雅明とバッハ・コレギウム・ジャパン> 演奏会
「ルターと音楽」

☆演奏予定曲目
J.H. シャイン《我らの神は堅き砦》、《高き天より》(『オペラ・ノヴァ』1618年)
F.W. ツァッハウ《コラール「キリストは死の縄目につき」にもとづくミサ曲》
J.S. バッハ《カンタータ第4番「キリストは死の縄目につき」》  ほか

*先着450名様(当日10:20より受付にて整理券配布。お一人につき1枚)
*未就学児はご入場になれません


パンフレット
上の画像をクリックするとプログラムをご覧いただけます。

※ 入場無料、事前予約不要
※ プログラム郵送ご希望の方は下記までご連絡下さい。

連絡先:獨協大学国際交流センター
TEL:048-946-1918
E-MAIL:アドレス

このページのトップへ

このページのトップへ