資格外活動(アルバイト)

資格外活動(アルバイト)

 そもそも「留学」は就労の認められない在留資格です。従って留学生がアルバイトを希望する時は、事前に入国管理局で資格外活動の許可を受けなければいけません。資格外活動が許可された場合、在留カードにその旨が明記されます。
資格外活動許可を受けずにアルバイトをした場合や、許可の範囲を超えてアルバイトをした場合、あるいは許可を受けた後、学生としての身分をなくしたにもかかわらずアルバイトした場合、いずれについても退去強制を含む処罰の対象となります。
 また「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」に言う風俗営業にかかわる業務は違反の対象となります。
「留学」の在留資格の者がアルバイトをできるのは、1週間について28時間以内(長期休業期間は1日8時間以内)です。

資格外活動許可申請に必要な書類

  1. 資格外活動許可申請書(所定様式)
  2. パスポート
  3. 在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書)
  4. 在学証明書または学生証コピー
  5. 当該申請に係る活動の内容を明らかにする書類

このページのトップへ