留学期間の変更

  留学期間は延長手続きを行うことによって、既に許可された留学期間を含め 4学期間までの延長が認められます。(なお、編入学生においては、既に許可された留学期間を含め2学期間まで延長が認められます)。ただし、交換留学生としての留学期間は1学期または2学期間で、留学延長後の身分は認定留学生となります。身分が変更となるため、認定留学生として申請手続きを行って下さい。なお、留学延長により4学期間留学した場合 でも振替・換算できる単位の上限(32単位)は変わりません。

留学の延長手続き

 留学の延長を希望する場合は、以下の書類を留学期間終了の3ヶ月前までに国際交流センターに提出すること。なお留学延長願については、必要事項を記入の上、保証人の署名・押印に加え、演習指導教員の署名・押印がなされたオリジナル書類を郵送にて上記期限までに提出のこと。

  1. 留学延長願(書類のダウンロード
  2. 留学先大学入学延長を許可する証明書、あるいは担当教員の手紙(コピー可)

    留学延長を希望する大学が、当初入学を許可された大学と異なる場合は、留学延長願ではなく、新たに長期留学志願書(認定留学)の申請を行う必要がある。
    変更希望する留学先が「認定留学先大学一覧」に載っていない場合は、その大学のパンフレットも提出すること。

海外旅行保険の延長手続き

 留学期間を延長した場合、渡航前に加入した海外旅行保険も保険期間を延長することが必要となります。保険期間が切れる前に必ず以下の手続きを終えてください。

手続き方法

*延長の手続きは、日本の代理人(ご家族等)が行う。

  1. 「海外旅行保険延長申込書」(書類のダウンロード)に必要事項を記入の上、株式会社デュオにFAX送信
  2. 株式会社デュオより、代理人宛に延長の追加保険料と振込口座の連絡があるので、それに従い入金(振込)
  3. 代理人は、振込控えを株式会社デュオにFAXで送信
    延長後の海外旅行保険契約証は、日本の代理人宛てに郵送される。

    休学して渡航している学生が、認定留学に変更する場合は、「休学から認定留学へ変更される場合の海外旅行保険申請書」書類のダウンロードに必要事項を記入し、上記1〜3の方法で手続きをしてください。

このページのトップへ