交換・認定留学とは 認定留学先大学一覧 語学能力・学力試験一覧 関連書類一覧 留学Q&A
渡航手続 交換留学生募集要項 資格・条件について 優遇措置について 海外留学者対象の奨学金等
長期留学の期間 長期留学の費用 プランニングから出発まで    

海外留学者対象の奨学金等

1. 給付型奨学金(返還義務なし) 問い合わせ先:国際交流センター

(1)交換留学生対象
「獨協大学国際奨学金(交換留学生奨学金)」として月額2万円×6ヵ月×2回(6月・11月に支給)の計24万円が支給されます。
また、交換留学生は、日本学生支援機構(JASSO)の「海外留学支援制度(協定派遣)」による奨学金(派遣先により月額6〜10万円)に応募することができます。JASSO奨学金に採用された場合、獨協大学国際奨学金は給付されません(併給不可)。

(2)認定留学生対象
所定の応募条件を満たす場合、「獨協大学国際奨学金(認定留学生奨学金)」に応募することができます。
応募条件は、年間授業料が日本円換算で100万円以上の大学に1学期または2学期間留学予定であることのほか、GPA、家計基準など。月額2万円×6ヵ月×1回または2回(6月・11月に支給)が支給されます。特に考慮すべき点がある場合は、月4万円給付する場合があります。
>>2019年度春学期派遣認定留学生対象「獨協国際奨学金(認定留学生奨学生)」募集要項
>>認定留学奨学金応募申請書
>>誓約書

(3)短期留学生対象
カリフォルニア大学デービス校への短期協定校留学に限り、JASSOの「海外留学支援制度(協定派遣)」による奨学金(8万円)に応募することができます。
募集人数は年により異なります。詳細は、短期留学説明会で説明します。

(4)対象制限なし(大学とりまとめ)
文部科学省と支援企業による官民協働海外留学支援制度「トビタテ! 留学JAPAN日本代表プログラム」は、大学からの派遣留学生だけでなく、休学して海外で学習する学生も応募可能です。採用された場合、月額16万円または12万円の奨学金(JASSO第二種奨学金の家計基準を超える場合は6万円)のほか、留学準備金、授業料(大学・大学院で専門分野を学ぶ場合のみ)が支給されます。なお、この奨学金とJASSO「海外留学支援制度(協定派遣)または(大学院学位取得型)および獨協大学国際奨学金との併給はできません。募集は年2回。大学でとりまとめて応募します。
>>詳しくはこちら
>>第5期本学合格者の紹介記事
>>第6期本学合格者の紹介記事
>>第7期本学合格者の紹介記事
>>第8期本学合格者の紹介記事

(5)自由応募(個人応募)
上記以外にも、外国政府、自治体、民間団体等が募集している奨学金もあります。
国際交流センターHPの「ニュース」に、募集情報を随時掲載しています。

2. 貸与型奨学金(返還義務あり)  問い合わせ先:学生課奨学係

交換留学生、認定留学生は、JASSO「第二種奨学金(短期留学)」(有利子貸与)に申し込むことができます。また、交換留学生のうちJASSOの「海外留学支援制度(協定派遣)」奨学金受給者は、併せて「第一種奨学金(海外協定派遣対象)」(無利子貸与)に申し込むことができます。留学時期により申請時期が異なります。JASSOホームページで詳細を確認のうえ、早めにご相談ください。

3.奨学金を受給中の学生が留学する際の注意 問い合わせ先:学生課奨学係

(1)JASSO「第一種奨学金」「第二種奨学金」受給中の方
以下の手続が必要になります。

  提出書類 提出時期 提出先
交換・認定留学中も継続受給を希望 「留学奨学金継続願」 学籍上4月1日より留学する場合:
2月末までに提出
学生課奨学係
(学生センター1階)
学籍上9月24日より留学する場合:
8月末までに提出
・交換・認定留学中は休止する場合
・休学して留学する場合
「異動願(届)」
(休止)
学籍上4月1日より留学する場合:
3月20日までに提出(4月分より休止)
学籍上9月24日より留学する場合:
9月20日までに提出(10月分より休止)
・留学終了後、奨学金を復活する場合 「異動願(届)」
(復活)
4月より振込を再開したい時:
2月末までに提出
10月より振込を再開したい時:
8月末までに提出
※提出書類は、学生課奨学係窓口で配布します。

※JASSO「海外留学支援制度(協定派遣)」奨学金受給者(受給予定者)へ

国際交流センターを通して申請を行うJASSO「海外留学支援制度(協定派遣)」奨学金受給者は、当該奨学金受給期間は「留学奨学金継続願」を提出せずにJASSO「第一種奨学金」「第二種奨学金」を継続して受給できます。ただし、「海外留学支援制度(協定派遣)」奨学金の受給終了後も学籍上の留学期間が継続する場合は、私費留学と同じ取り扱いとなり「異動願(届)」または「留学奨学金継続願」の提出が必要になりますので、必ず出国前に学生課奨学係に書類を提出してください。書類提出がなかった場合、JASSO「第一種奨学金」「第二種奨学金」は【振込保留】となりますのでご注意ください。

〈例〉「海外留学支援制度(協定校派遣)奨学金を3月から12月まで10ヵ月分受給するが、学籍上の留学期間は4月1日〜3月31日の場合
・「留学奨学金継続願」を提出せず奨学金の貸与を継続できる期間:4〜12月
・「異動願(届)」(休止)または「留学奨学金継続願」の提出が必要な期間:1〜3月

(2)民間奨学金を受給中の方
留学中は給付されない場合があります。事前に学生課奨学係にご相談ください。

4.その他

(1)留学中・留学後の「獨協大学奨学金」出願について 問い合わせ先:学生課奨学係

①出願学期内に留学または留学予定(本学の短期留学は除く)の方は、出願資格がありません。

②「獨協大学奨学金」は「最短修業年限で卒業できる方」が対象のため、交換・認定留学により卒業時期が延期となった場合は、出願資格はありません(ただし、休学期間は最短修業年限に参入しない)。
(例)4年次に交換(または認定)留学をし、帰国後も再度4年生となる場合、出願資格はありません。

③交換・認定留学および休学(休学して海外体験をする場合を含む)後の復学者を対象に、秋学期募集を実施します。申請時期等については学生課奨学係窓口で確認してください。

(2)日本政策金融公庫「教育ローン」
国の教育ローン」ならではの、固定金利・長期返済のローンです。一人あたり350万円以内(6ヵ月以上の留学の資金の場合は450万円以内)で利用可能です。
>>詳しくはこちら

*こちらも併せてご覧ください。

このページのトップへ