• HOME >
  • イベント 2013年

国際教養学部主催 映画「フタバから遠く離れて」上映会

国際教養学部主催 映画「フタバから遠く離れて」上映会

 2011年3月11日の東日本大震災とそれによる津波被害は、千葉県から青森県に至る太平洋沿岸地域に大きな被害を残しました。その後の現地の復興支援には獨協大学からも教員・学生多数が参加しました。

 しかし、東日本大震災によって引き起こされた福島第一原発の被害と復旧状況については、一般人が近づけないせいもあって、マスメディアの報じる情報のみとなってしまい、あまり詳しいことが分からないままエネルギー政策や廃炉の話題などが論じられています。

 実はその影に、全町避難という、かつてない施策によって現在でも埼玉県加須市の旧騎西高校には全国で唯一の「避難所」が残り、百数十名の福島県双葉町の町民が「避難」しています。

 津波被災地の遅々として進まない復興には多くの人々が心を痛めていますが、双葉町にとっては、復興どころではない。まだ「避難」状態が継続しているのです。

 ともすれば忘れがちなその事実を通して、私たちは福島原発の事故のことを、日本の原子力政策のことを、そして双葉町の人々のことを考えてみたいと思います。

5月25日 午後 於 獨協大学 天野貞祐記念館大講堂

□ タイムスケジュール(現在の予定、今後変更の可能性もあります)
13:30 開会の挨拶(国際教養学部長 飯島一彦)
13:35 監督挨拶(映画監督 舩橋 淳)
13:40 「フタバから遠く離れて」上映
15:20〜15:40 休憩
15:40 監督トーク(映画監督 舩橋 淳)
16:00 学生との対話(舩橋 淳 + 国際教養学部学生)
17:00 閉会のことば(国際教養学部 准教授 平田 由紀江)

    

日時     |   2013-05-25  13:30 〜 17:00
場所     |   天野貞祐記念館大講堂
対象     |   どなたでもご参加いただけます
主催     |   獨協大学国際教養学部
備考     |   入場は無料です。

本件に関するお問い合わせ:
獨協大学 国際教養学部
電話 048-946-2876
獨協大学メインメニュー