予選審査

予選審査について

録音されたスピーチおよびスピーチ原稿により、1次選考と2次選考を行います。
本学外国人教員による1次選考後、1次選考通過者を対象に、日本人を含む本学教員による2次選考が行われ、15名前後の本選出場者が決定します。
審査項目は1次・2次とも同じものになります。

予選審査項目(昨年度参考例)

(English -英語- ) (45%)

  • 文法
  • 発音/抑揚/明瞭さ
  • 流暢さ

(Contents -内容- ) (30%)

  • トピックの適切さ
  • スピーチの構成
  • 結論(要点がまとめられているか、記憶に残るような終わり方か)

(General impression -全体的な印象- ) (25%)

*審査項目は変更する場合があります。

本学公募制推薦入試の出願資格を授与

1次選考通過者および本選出場者には、本学指定学科の公募制推薦入試等の出願資格を授与します。詳しくは本学案内誌『Wissenschaft(ヴィッセンシャフト)2013』をご覧ください。 ※『Wissenschaft(ヴィッセンシャフト)2013』は平成24年5月中旬発行予定です。

予選審査結果

予選審査結果は、審査用紙のコピーとともに9月上旬までに応募者全員に通知します。
応募要項に指導教員名が記入されている場合は、学校宛にも結果を通知します。

ここからサイドメニューです。

全国高校生
英語スピーチコンテスト

このページのトップへ