獨協大学大学院 Dokkyo University Graduate School

ページ内を移動するためのリンクです。
ファンクションメニュー
テキストサイズ

担当教員紹介

英語学専攻

教授 青蛛@真紀子 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 音声学・音韻論、実験音声学
 ことばの構成と運用の妙を垣間見せてくれる音声に興味があります。音声には、大別して、切れ目なく刻一刻と変化していく”具体的”実体と、意味や意図の理解のために脳内に整理されている”抽象的”実体があります。一定でない音から一定の音韻判断に抽象化される(またはその逆の)際の、言語普遍的および個別言語における法則の相互関与(つまり「音声と音韻のインターフェース」および、「言語の普遍性と個別性のインターフェース」)に魅せられ、実験音声学的アプローチを中心に日々勉強です。また、音声の振舞いは統語、意味、語用、その他外的要因と密接に絡むものであり、またその研究は言語学を超えて心理学、社会学、情報科学にも関連し、さらには教育、臨床、工学、政策等への応用と、とても広がりのある面白い分野だと思います。
教授 浅岡 千利世 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 英語教育、教師教育
 外国語教育は、言語や教育に関する専門的知識・理論と、教室での実践・体験との往還を通して構築していくプロセスです。授業ではこの点を重視し、自分の習得した知識や体験を振り返り、新たな課題を確認する場としたいと思います。  主な研究テーマの1つは学習者・教師の自律(learner/teacher autonomy)です。例えば、教師が模倣やリフレクションなどのツールを用いてどのように成長していくのか、そのプロセスを質的手法を用いて研究しています。また、教育に関する政策がどのように教員養成や教員研修、言語教育の実践に影響するのかについても調査しています。
教授 板場 良久 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 コミュニケーション理論、文化理論
 コミュニケーション理論と文化理論を融合させながら、従来の英語教育論や異文化コミュニケーション論の言説を問い直しています。授業は、この分野の基礎知識のない学生から学会参加を目指す学生まで、幅広い層の学生を対象としています。重視する点は、自明または当然と思われている考え方を問い直してみるという姿勢です。研究指導では、政治演説から大衆文化まで、学生の関心に応じて研究対象を選定することを奨励しています。
教授 上野 直子 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 ジェンダー論、ポストコロニアル文学
 グローバル化、資本主義、男性中心主義、その裏面での植民地と女性の搾取、それらはこの500年間、深くつながりあいながら私たちが暮らす世界をかたちづくってきました。ジェンダーやポストコロニアルの視点は、暴力と痛みをもたらす権力の構造を批判的に分析し、変化をもたらすのにたいへんに有効なものです。授業では、ポストコロニアル研究、ジェンダー研究の基礎文献を読むとともに、具体的なフェミニズム運動や、文学テキストなども扱います。 わたくし自身の現在の仕事の焦点は、UKを中心としたブラック・ディアスポラの文学と文化の紹介です。
教授 柿田 秀樹 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 レトリック理論、コミュニケーション哲学
 コミュニケーション哲学・批評及びレトリック理論が私の本来の研究分野である。この専門分野で長期的には哲学的言説の解釈からレトリック理論、コミュニケーション批評の歴史的考察と体系的な構築を進め、その社会的実践の意味を提示することを目標としている。哲学者によるレトリック実践から浮かび上がる問題点をポストコロニアル批評の観点から再評価、検討し、議論的実践がいかに帝国主義的ヘゲモニーをレトリカルに脱構築する可能性を持っていたかを分析している。このレトリック理論の歴史的基盤として、ギリシアの弁論家・哲学者であるイソクラテスのテクスト解釈を行う。更に学術的興味の背景の一部として、無数にあるレトリックの言説から議論やディベートを理論化する。
教授 片山 亜紀 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 イギリス小説、ジェンダー研究
 英語圏の小説を英語で丹念に読んで、言葉と言葉の響きあい、作品の構成や展開、作者の置かれていた文化的・社会的・政治的状況などを踏まえ、表面的な「あらすじ」ではない解釈を引き出すことに関心があります。わたしの主な研究対象はVirginia Woolfという20世紀前半イギリスの小説家・フェミニスト理論家ですが、Olive Schreiner, George Orwell, Iris Murdoch, Kazuo Ishiguroなどの小説家も幅広く読んでいます。またフェミニズム運動・思想の歴史と、文学との呼応関係に興味があり、とくに望まない妊娠の表象について興味を持っています。
教授 金子 芳樹 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 国際関係論
 アジア太平洋地域諸国の国際関係および各国の政治分析を中心的なテーマとして扱っている。なかでも東南アジア諸国の政治体制と経済発展、開発政策とエスニシティ、市民社会の発展と民主化、外交政策とリ−ジョナリズムなどの関係に関心を持って研究を進めてきた。これら諸側面についての実証的な研究を基盤として、同地域の政治・経済・社会システムを体系的に把握することに重点を置く。また、政治学を主要なディシプリンに据えながらも、他の分野の研究成果をも積極的に組み込み、研究対象の立体的な描出を目指す。
教授 北野 収 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 開発研究(開発社会学、農村計画論)
 途上国および国内の農村開発・地域づくりに関する実証研究を行っている。グローバリゼーション、新自由主義、あるいは開発独裁に対するオルタナティブとしての現場実践を制度・組織化(institutionalizing)し、サスティナブルでエコロジカルな共生社会の確立に向けた礎石とすべく、内発的発展、連帯経済、食と農のローカリゼーションについて研究している。とりわけ、地域・組織における人的資源、ネットワーク、主体形成、知識人の役割に関心がある。また、開発言説研究として、日本の開発援助および国内の農村振興に関する政策言説に関する研究を行ってきた。言語・言説が有する権力性も念頭におきつつ、理論・実証の両面から、批判開発学(Critical Development Studies)の構築をめざしている。
教授 児嶋 一男 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 現代演劇
 英米の現代演劇が研究対象ですが、たとえばEugene O’Neillを読んでもそのアイルランド性を探るといったように、アイルランドに特別強い関心を持っています。最近はBrian Friel、 Frank McGuinness、 Conor McPherson、 Martin McDonagh、 Mark O’Rowe、 Enda Walsh、 Marina Carrなどを読んでいます。
教授 小早川 暁 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 言語学
 言語の普遍性と相対性を捉える理論的枠組みそのものへの関心とともに、英語や日本語などの個別の言語現象を詳細に記述することに興味をもっている。言語現象の背後に存在する法則といったものを説明するにあたり、言語以外の要因を持ち出すことを認める言語観に魅力を感じる。
 ゆくゆくは、これまでになかったような問いの立て方や議論の進め方などが可能となるような、言語についての新しい見方が創造できればよいと考えている。
 あらためて言うまでもなく、大学院生に期待されるのは、先行研究によって明らかにされてきた事柄を知識として蓄えることではなく、研究の営みに参加できるような技術を身につけることである。大学院は、そのような技術を修得するための場であると考えられたい。

このページのトップへ

教授 佐々木 輝美 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 コミュニケーション効果論
 「現代はメディアが強力な効果を持つ時代である(Severin & Tankard, 1992)」という考え方がありますが、私もそう思います。ただし、メディアが常に効果を持つわけではなく、適切な条件が成立した時に強力な効果を持つのだと思います。では、どのような条件が揃えばコミュニケーションの効果・影響が生じるのでしょうか。とりわけ、1)メディアが青少年に与える影響、2)教育におけるメディアの効果、3)態度変容におけるコミュニケーションの役割という文脈において、その諸条件を明らかにしたいというのが私の関心領域です。同時に、これらの諸条件を理解することは、私たちのメディアリテラシーの向上に繋がると考えます。
教授 高橋 雄一郎 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 パフォーマンス研究
 日本語のパフォーマンスという言葉には、「人の受けをねらった大げさなしぐさ」といった、やや否定的な響きがありますが、「パフォーマンス研究」では、映画、演劇やダンスのような舞台芸術、表象芸術はもちろんのこと、文化的パフォーマンスという名で括られる世俗の行事や宗教儀礼、遊戯や娯楽、政治支配や反体制的なアクティヴィズム、異文化の記述、ミュージアムや商業施設における展示、ツーリズムやテーマパークなどの装置を通じて、文化がどのように組み立てられ、またアイデンティティが形成されていく過程を問題化していきます。
教授 竹田 いさみ 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 国際関係論
 現在の研究テーマは、アジア太平洋地域をめぐる国際関係の分析で、とりわけアジア諸国に対する英語圏諸国の外交政策に焦点をあてている。問題領域としては、国際的な人的移動(移民・難民問題)、政府開発援助(ODA)、広域テロ問題、マラッカ海峡における海賊問題、英字メディアと民主化、APECやASEANに代表される国際的な地域協力システムに関心をもっており、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの英語圏諸国における対外政策決定の特色や歴史的伝統を研究対象としている。また、国際政治の学説史的関心は、古典外交の時代における国際政治体系とイギリス外交のメカニズム、とりわけ勢力均衡政策(BOP)の構造分析にある。
教授 永野 隆行 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 国際政治史、戦後イギリス外交史、アジア太平洋地域の英帝国史、 英連邦・コモンウェルス関係史
 ひろくは第二次世界大戦後の国際政治史、そのなかでもイギリスを中心に英連邦、コモンウェルス諸国の国際関係史を研究している。特にこれまでは、イギリスが戦後の東南アジア地域の国際関係にどのようにかかわってきたかを通史的に見て、そこからイギリス外交の戦略性や特徴を導き出そうとしてきた。今後も引き続きイギリスと東南アジア地域の問題を中心的なテーマにすえるが、なかでも第一に、40年代から50年代に焦点を絞って、イギリスが東南アジアの戦後問題(政治、経済、社会)をどのように促え、それにどのようにかかわろうとしてきたのか、第二に、戦後の東南アジア地域安全保障に、イギリスだけでなく、オーストラリア、ニュージーランド、米国などのいわゆる西側同盟国が、相互に対立と協調を繰り広げながら、どのようにかかわってきたのか、第三に、英連邦、もしくはコモンウェルスというイギリスを中心とした多国間ネットワークの枠組みが、戦後の脱植民地化、国家形成(state building)、西欧的価値観の普及(人権、自由主義的民主主義)にどのような役割を果たしたのか、という点に関心を持っている。
准教授 羽山 恵 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 英語教育、第二言語習得(SLA)、コーパス言語学
 主な研究テーマは、(1)学習者コーパスを用いた語彙・文法習得過程の記述と誤り分析、(2)peer feedback を含むE-learningによるエッセイ・ライティングの効果検証、(3)初習者の英語名詞句の習得過程の記述、(4)大規模コーパスを用いたネイティブらしさ/学習者らしさの特徴検証などです。
その中でも特に、第二言語学習者の話し言葉や書き言葉を大量に収集し、コンピュータ・データベース化した学習者コーパスを詳細に分析することを継続的に行っています。それにより、「日本人英語学習者特有の誤り」や「日本人が英語を習得する過程における語彙的・統語的発達」の記述・特定を試み、そこから得られる知見を英語教育に生かせるように努めています。また過去には、学習者の能力を反映させ診断するためのテスト作成や解釈方法の検討も行っていました。 これまで自身で行ってきた研究は全て実証研究の手法を取り、そのためリサーチ・デザインの構築や統計的手法を利用したデータ分析を得意としています。
教授 原 成吉 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 アメリカ現代詩
 研究領域はEzra Pound−William Carlos Williams−Charles Olsonへと続く20世紀の長篇詩、およびBeatをはじめとする1960年代以降のポストモダニズムの詩(学)。20世紀のアメリカが生み出してきた多様で多彩な詩作品の分析をとおして、アメリカ詩の伝統、そしてその変容を多文化主義の視点から研究している。現在の関心はGary Snyderの長篇詩Mountains and Rivers Without End (1996)における神話、仏教、エコロジー、シャーマニズムが織りなす環太平洋文化圏の詩学。
教授 前沢 浩子 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 近代英文学
 イギリス近代文学、特にWilliam Shakespeareをはじめとする初期近代の演劇を中心に研究している。特定の歴史的コンテクストの中で生み出された文学テクストも、時代や地域を超えて異なった社会・文化のコンテクストの中で再創造され続けている。文学テクストの細部への理解を深めながら、常にそれを広いパースペクティブの中で位置付ける視点を持つことを重視する。16世紀のロンドンの劇場で上演されたHamletも、21世紀にツイッターで繰り広げられたRomeo and Julietも、それぞれの時代の社会的・経済的・政治的ダイナミズムの中で生み出されたテクストとして分析することを目指す。
准教授 水本 義彦 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 国際関係史、冷戦史、安全保障論
 専門研究分野は、第二次世界大戦以降のイギリス、アメリカを中心とした英語圏の国際関係史である。戦後の東西冷戦下での西側同盟における米英の政治外交に焦点をあてこれまで研究してきた。現在、1960年代、70年代のベトナム戦争をめぐる国際関係を研究テーマとし、同戦争期の米主導西側同盟関係の変容、同盟の再編を考察している。また専門外の一般的な関心として、広義の安全保障論(戦争・内戦、破綻国家、平和構築、人道的介入、予防外交、同盟論など)に興味を持っている。
教授 安井 美代子 教員紹介 | 研究業績
専攻分野 比較統語論
 私は主に2つの研究をしている。1つは標準的な文構造の表示に代わる、より極小主義的(minimalist)な表示を提案し、日英語のwh-疑問文や語順の自由度の差を原理的に説明しようとしている。私が提案した表示はmultidominanceを許すものだが、このmultidominance によりRight Node Raisingなどの構文が近年盛んに研究されている。もう1つは分散形態論に代表されるような、より統語論的な形態論である。形容詞を持たない、もしくは他の品詞と明確な区別がつけにくい言語が多数あることは昔から知られているが、日英語においても形容詞は特殊性を持つ。この特殊性が言語が許す項構造とどのような関係があるか研究中である。扱うデータは英語、日本語が中心となるが、アジア諸国の言語も対象とした比較統語論を専門としているので、理論言語学だけでなく、日本語・英語教育にも有益な視野を提供できると思う。
准教授 E.本橋 教員紹介| 研究業績
専攻分野 Multicultural Education, Language Minority Education, Schooling & Identity, Student Autonomy and Teacher-Student Relationship Impact on Learning/Language Learning
 My scholarship has been divided between SLA (Second Language Acquisition) of EFL (English as a Foreign Language), and ESL (English as a Second Language) research, and inquiry into the educational experiences of culturally/ethnically different and language minority students in mainstream schools. I am particularly interested in better understanding the educational circumstances that allow linguistic and cultural minority students to succeed and actively participate in mainstream schools where student engagement and achievement is judged on the mores, values and behaviors of the dominant, mainstream culture. This work requires an exploration and critique of the educational institutions that mirror the inequities of the broader society and, more often than not, reproduce them. Through qualitative research, specifically narrative inquiry, my research seeks to highlight the subjective experiences of both the teachers and students, who are at the forefront of the social and cultural changes confronting Japan, which are challenging the popular, and increasing inaccurate narrative of the homogenous image of Japanese society.
教授 J. N. ウェンデル 教員紹介| 研究業績
専攻分野 Applied Linguistics, Second Language Acquisition Studies
 My research within the field of second-language acquisition has dealt with the description and explanation of changes in the developing grammatical systems of adult English-language learners. Collected through a variety of elicitation techniques (such as monologic spoken or written narrative retelling), this variety of language data and data analysis intersects with a score of other areas of interest within second-language studies including individual differences (e.g., considerations of the role of first-language background on second-language grammatical development); planning in second-language production (e.g., evaluating the effects of off-line planning, as compared to no planning opportunity, on grammatical complexity); conscious attention to form, as revealed through the use of think-aloud protocols (e.g., examining the extent to which learners notice language forms and make conscious choices); and so on. The analysis of narratives additionally lends itself to considerations of higher level discourse organization, that is, how learners realize cohesion, reference, and linkages of meaning across sentences (in written text) or utterances (in spoken production) and contrastive rhetoric.

このページのトップへ