天野貞祐記念館

本学創立40周年を記念して2007年に完成した天野貞祐記念館は、本学の建学理念「大学は学問を通じての人間形成の場である」を具現化するための知的創造の場として、新たな時代への第一歩を示すものです。

概要

記念館は、総面積約29,500u、地上5階建て、東西約180mにもなり、旧学生食堂から芝生広場にかけての広大な空間に建設されました。建物の西側が「図書館ゾーン」、東側が「教室棟」で、この2つのゾーンを中央のインターナショナル・コミュニケーション・ゾーン(ICZ)がつなぎます。
「図書館ゾーン(1〜4階)」では、約38万冊の開架書架から自由に資料を手に取ることができます。ここにない資料はリクエストすれば4階の自動書庫から自動配送され手元に届きます。
「教室ゾーン」の1階には、健康的な学生生活とキャリア形成を支援するために、保健センター、キャリアセンター、国際交流センター、カウンセリングセンターを配置し、さらに、獨協歴史ギャラリーが設置され、学園の母体、獨逸学協会が創立された1881年から今日までの歴史的資料を公開いたします。2階から5階にかけては、500人規模の講堂をはじめ、大小さまざまな教室が配置されます。
これら2つのゾーンをつなぐ「ICZ」には、言語を中心としたコミュニケーション・ゾーン、多言語・多文化交流ゾーン、マルチメディア工房などが置かれ、学生の勉学をサポートするスタッフが常駐いたします。

このページのトップへ