• HOME >
  • 大学案内 >
  • 学長メッセージ〜伝統を重んじた新たな価値の創出〜

学長メッセージ 〜伝統を重んじた新たな価値の創出〜

獨協大学のルーツ

獨協大学

 獨協大学の起源は、1883(明治16)年に設立された獨逸学協会学校に遡ります。獨逸学協会学校は、1881(明治14)年に品川弥二郎、桂太郎、青木周蔵、加藤弘之、西周ら明治を代表する人物らによって設立された獨逸学協会が母体となり、ドイツの文化や学問体系を導入して合理的、実学的な教育を行い、国内のドイツ人教員に加えて、ドイツより招聘した教員による高度な授業も行われ、政界、官界、医学界、法曹界に優れた人材を多数送り出したことで知られています。また、明治の啓蒙思想家として著名な獨逸学協会学校初代校長の西周は、開学式典にあたり、「学ヲ為スノ道ハ、先ヅ志ヲ立ツルニ在リ」と述べるとともに、「知育、徳育、体育」の総合、すなわち今日の教養教育の大切さを強調されました。

大学は学問を通じての人間形成の場である

 獨協学園内での大学設立の機運の高まりにより大学設置構想が発表され、獨協大学は1964(昭和39)年に学園創立80周年事業の一環として開学されました。建学者は、哲学者、教育者である天野貞祐先生です。天野先生は、獨逸学協会学校中学を卒業し、旧制第一高等学校、京都帝国大学に進学し、カント哲学の研究に没頭されました。カントの『純粋理性批判』を日本で初めて翻訳したことで知られ、第3次吉田茂内閣の文部大臣を務められました。天野先生は、「大学は学問を通じての人間形成の場である」という建学の理念を掲げ、大学教育に関する自らの理念を実現すべく獨協大学初代学長に就任されました。
 獨協大学の「学則」第一条は、本学が社会の求める学問を研究、教授することで人間を形成すること、学園の伝統である外国語教育を重視すること、内外の複雑な情勢に対処できる「実践的な独立の人格」を育成することを定めています。獨協大学の使命は、21世紀の社会をリードしうる国際的教養を備えた専門的人材を育成することにあります。すなわち獨協大学は、日本の近代国家建設に参画した獨逸学協会学校の「実学の伝統」と、戦後の民主教育の発展に貢献した天野貞祐先生の「人間尊重の思想」、この二つの流れが融合したところに生まれたわけです。また、天野先生は大学教育における全人的な人間性の開発を提唱していますが、それを実現する手段として、学問の修得と並んで部活動やサークル活動など、学生の正課外の自主的活動も重視しています。即ち、大学の講義だけでは得難い知識、経験、技術、体力の涵養などの大切さ、重要さを指摘されています。このため、獨協大学では教育機関の一つとして「学友会」を創設し、「学則」の中に、学友会活動が大学の「教育機構の一環」であることが明記されていて、学生と教職員が一体となって運営に当たっています。したがって学友会は、本学の個性や学風を形作る大きな柱の一つでもあり、「学生センター」が大学正面に配されているのも、獨協大学の教育方針の表れなのです。

今日までの道程

 現代の社会は、内外における様々な要因により、急激な変化に直面しています。獨協大学はこうした社会構造の変化に対応するため、教育内容や方法を改革し、学習環境の整備を進めてきました。
 獨協大学は、「学則」第一条にある「社会の求める学問」を機軸として、現代ニーズを反映した教育インフラの再編をおこなってきました。既存の学部学科のカリキュラム改革を行う一方、新たな教育研究ニーズに応えるため、新学部、新学科の設立を行ってきました。開学当初、2学部3学科で出発した獨協大学は、現在、外国語学部、国際教養学部、経済学部、法学部を基盤として、4学部11学科と大学院を擁する文系総合大学へと大きく発展してきました。基礎教育となる「全学共通カリキュラム」で総合的な思考力を養い、それぞれの学部・学科による特色あるカリキュラムにより、専門的な知識を学びます。
 また、獨協大学では学生のキャリア形成にも力を入れています。年間を通じて、キャリアカウンセリングやガイダンスなどを行い、初年次より将来の夢や希望をかなえる手助けを行っています。
 地域社会と大学の共生を図るため、研究面では、「地域総合研究所」「環境共生研究所」「外国語教育研究所」「情報学研究所」を設置し、また、オープンカレッジの開講や「地域と子どもリーガルサービスセンター」による取り組みを行っています。これらの活動や研究成果は広く社会への発信、貢献をするとともに、大学教育の場に還元しています。

地域に生きるグローバルな視点

 グローバル人材の養成と並ぶ大学の使命のひとつに、COC(center of community)、つまり大学は地域社会の中心たりうるかという点があげられます。グローバルな視点に立つには、まず身近な地域の人々や自然環境との共生を果たしていく必要があります。グローバルな視点に立ちつつ、ローカルに行動していくことが重要です。草加に居を構えて半世紀が過ぎ、獨協大学は社会の一員としての使命は何なのかということを教える者も、学ぶ者も考えていかなければならない時代です。
 COCの具体的な取り組みとして、私たちは獨協大学の前を流れている伝右川のきれいな水と賑わいを再構築するために、埼玉県と草加市、地域住民のみなさんとかかわり合いながら、長期的な視点にたった活動を始めています。水をきれいにするには“流域の思想”を持つべきです。河川というものは、その流域で暮らす、上流域、中流域、下流域の人たちのつながりも含めて、自然環境とのかかわりあい方や、考え方を形成するための大きな母体になるのです。私たちは自然環境や人とのつながりのなかで生き、また生かされています。多様な価値観を認め合いながら自然と共生する社会のあり方を学んでほしいと思っています。日本や世界を取り巻く環境問題は時々刻々と変化しています。そうしたことに対応できるデータの整理や、目標値の設定、時系列での改善状況の把握、そして、それを読み解いていく力をつけていくことが、現代に生きる私たちに必要な力だと思っています。
 本学の取り組みの根底には、天野貞祐先生が唱えた建学理念があり、時を経てもまさに真理であり、これからも変わることはありません。人間形成とは18歳からの4年間だけではなく、生涯にわたって行われるべきものなのです。だからこそ本学はオープンカレッジを含め、多様な世代が学びあう大学として未来を見据えた改革を続けています。現在本学は、自然と建物が調和するオールインキャンパスで、幅広い教養を育む全学共通カリキュラム、専門教育である、少人数制のゼミナールが行われています。伝統ある外国語教育に加えて情報教育や環境教育などを基盤に、獨協ならではのさまざまな取り組みを推進しています。獨協大学の伝統は日々革新の歩みの中で作られてきたものであり、建学の精神が脈々と継承されてきた証です。獨協大学はこうした伝統を受け継ぎ、それぞれの個性が生きる「グローバル社会」の扉を開く大学として力強い一歩を踏み出していきたいと考えます。

これからの50年−新たな価値の創出−

 天野貞祐先生の建学の理念は、大学や学問の本質を常に私たちに問いかけ、獨協大学で教え、学ぶ者の原点として今日まで脈々と受け継がれています。この理念を具現化するべく、2017年1月に「創立50周年記念館(西棟)」が完成しました。この建物は、「ラーニング・コモンズ」の考えに基づき、様々な情報源から得られる情報を用いて、より自由にそして自律した学修を行い、課題を発見・解決し、情報を知識に、知識を創造に変えていくグループ学修の「場」を設け、より高い学修効果をもたらす教育施設となっています。そして、これまで進めてきた太陽光や地中熱といった自然エネルギーの活用を中心とした省エネルギー・低炭素化を実現する環境共生技術を建物に導入したことで、本学が推進してきた「人と建物と自然との調和」に向けた「エコキャンパス・プロジェクト」はさらに進化していきます。
 獨協大学のこれからの50年と、130年を超える獨協学園の歴史を掲げ、私たちがともに纏ってきた「獨協教育精神」を伝統と革新をキーワードとして、学内の英知と資源を結集し、引き続き、教育研究の更なるレベル向上と、学修環境の整備に取り組んでまいります。

このページのトップへ