イベント
開祭式
獨大生の根性を見せつけろ!
11月5日の午前10時、学生センター1階雄飛ホールにて第52回雄飛祭の開祭式が開催された。今年のテーマは「獨(どっ)根性(こんじょう)」。そのテーマにふさわしく、管弦楽部、OLFM(アカペラサークル)、書道研究会が迫力あるパフォーマンスを披露し、観客を魅了した。
Miss Dokkyo Contest 2016
最後まで予想できない戦い
今年は数年ぶりにミスターコンテストが復活。熱戦の末、ミス獨協に三浦夏月さん(仏1年)、ミスター獨協にM田優さん(済3年)が選ばれた。2人は「賞にふさわしい器になれるよう頑張りたい」と語った。
バブルサッカー
スポーツの秋!芝の上で…
雄飛祭実行委員が企画したバブルサッカーが、グラウンドにて行われた。全身が覆われる空気ボールを身にまとい楽しむサッカー。激しく当たっても比較的安全かつ斬新で非常にアトラクティブな企画であった。
獨協Walker
スタンプをためて豪華景品を当てよう!
獨協Walkerは、スタンプラリーのポイントになっている出展団体をまわり、スタンプを8個以上集めると抽選に参加できるというもので、抽選所には多くの来場者が列を作っていた。5等でも協賛企業の優待券や日常生活に役立つ試供品が入っていた。
おいしいものいちばん
激戦を繰り広げる模擬店合戦
11月5日と6日の両日に渡り、各模擬店の飲食物のなかで一番を決める投票イベントが行われた。投票してくれたお客さんには協賛品が提供されるということもあり、例年以上の盛り上がりを見せた。
映画研究会
映画の世界へGO
35周年記念館小講堂にて、部員で作成した映画『gravity』、『Who is NAKAZIMA』、『letter』、『短調の終わりに』の4編を上映。前者2作は1年生が手掛けたもの、後者2作はOB・OGが作成したものだ。獨協大学を使っての撮影は親近感を感じさせ、学生の共感を誘う内容であった。
管弦楽部
練習の集大成を披露したコンサート
管弦楽部は、11月5日と6日の両日に渡り、コンサートを行った。夏休みの合宿から練習を始め、限られた時間の中で沢山の楽曲を仕上げた。当日は練習の成果を発揮し、観客を賑わせた。
被服研究会
煌めく個性
夕方少し肌寒くなった頃、被服研究会によるファッションショーが雄飛ホールにて行われた。ピンクを基調とした様々なファッションは、どれも個性が光っており、見るものを釘づけにした。
モダンジャズ研究会
木々の中で響くモダンジャズ
自然を感じられる緑豊かなバンドステージでのモダンジャズ研究会の演奏は、秋の日にぴったりな心地良い空間を作り上げていた。あたたかなモダンジャズの調べが、子どもからお年寄りまで幅広い観客を魅了した。
合氣道部
気合だ!!
キレの良い声と白い道着がなんともすがすがしい合氣道部。1年生から4年生までが揃って演武をするのは最初で最後という雄飛祭のステージでは、学年ごとに日頃の成果を発揮した。最後は、3人を相手するという迫力ある第51期主将の演武で締めくくった。
舞踏研究会
男女が織り成す華麗なダンス
学生センター1階雄飛ホールにて、舞踏研究会が華麗なダンスを披露した。優雅な「ワルツ」から明るく歯切れの良い「チャチャチャ」まで、盛り沢山な構成となっていた。キレのある美しいダンスに、観客から歓声が上がっていた。
OLFM
アカペラで表現する
11月5日と6日の両日に渡り、OLFMの演奏が行われた。OLFMは楽器を使わず声のみで演奏する「アカペラ」を専門とするサークル。「練習は非常に大変だったが、明るく楽しんで練習をする事ができ、良いパフォーマンスを披露することができた」と語ってくれた。
カクタス×ルナジリオ
カクタスとルナジリオの初コラボ
11月5日と6日の両日に渡り、ジャグリングサークル「カクタス」とお笑いサークル「ルナジリオ」が、二つの団体の特徴を生かしてヒーローショーを行った。ジャグリングとお笑いを交えた新しい感覚のヒーローショーが観客を魅了した。
D.I.G.
鳴り響くD.I.G.サウンド
雄飛祭開催日である11月5日と6日の両日に渡り、音楽バンドD.I.G.のライブが行われた。晴天の空のもと響き渡る、独特のサウンドで観客を魅了した。
アイドル研究会
Cool Japan!!
アイドル研究会は今回の雄飛祭が初めてのLIVE活動となるため、メンバーは緊張していたそうだ。しかし、舞台に立つ彼らから緊張は感じられず、雄飛ホールに立ち見の来場者が出るほど魅力的なパフォーマンスを繰り広げた。
ダンスフリースタイル
華麗なパフォーマンス
ポップダンスやジャズダンス、ソウルダンスなど様々なジャンルのダンスを披露。それぞれテイストが異なるダンスだが、どれもクオリティが高く、迫力のあるパフォーマンスで観客を盛り上げた。
Overture
獨大初のミュージカルナンバー!
Overtureは雄飛祭限定のサークル。雄飛ホールで獨大初となる華麗なミュージカルを披露した。曲目は学生にも馴染みのある『High School Musical』や『レ・ミゼラブル』など。幅広い年齢層の人が楽しめる内容で多いに盛り上がった。
閉祭式
獨根性を締めくくる!
歌とダンスで賑やかにスタートした閉祭式。雄飛祭実行委員長の吉田航さんの挨拶では、最後に「みんなで締めくくりましょう!」と全員での一本締めが行われ、会場は一つになった。


© 2016 DOKKYO UNIVERSITY, All Rights Reserved.